風俗で稼いでいる女の子の素顔を知った体験談

私は27歳のフリーターの男ですが、服薬している常備薬の関係から気分が高揚しなくて困る思いを普段からしていました。このままでは一生何も感じなくなってしまうだろうと危惧し、快楽と気分の高揚を求めて風俗店に足を運びました。こんなことからも体験談、それも赤裸々とも言える風俗の体験談を書けるほどの経験を得られました。

稼ぎのないフリーターが風俗へ行った話

風俗に関する知識はなかったのですが、風俗の聖地であるとして有名な六本木に何となく電車で向かい、数ある店の中でもあまり客引きが激しくない風俗店を私は敢えて選びました。店内も商業色が薄く、寧ろ大学のサークルのようなカジュアルさを私は感じました。この店こそ私にはピッタリであったということなのでしょう。

体験談というべき体験談としてはあまり盛り上がらないかもしれませんが、相手の女の子はぽっちゃりとした感じで、ぽっちゃりとしていた以上に胸が大きかったです。私は基本的には肉付きの良い女性が好きなので、指名リストをボーイから渡された時に10秒で即決しました。

稼ぎのすくないフリーターには、この体験談は辛い…。

私は、もっと、こう…かわいい風俗嬢に抜いて欲しかった。

30分で5000円の高速プランを利用しましたが、フェラ、パイズリで1回ずつ抜いてもらいました。2発抜くのには合計15分でしたが、高速プランというだけあって相手の女性はあらん限りのパワーとスピードで抜いてくれました。やはり、稼いでる風俗嬢はテクニックが違います。

太めなだけあってとりわけパワーはアソコが痛くなるほどでした。今となっては良い思い出です。後はシャワーと片付けに時間を使いました。本当はお客さんが片付けには参加しないのですが、なんだか散らかしっ放しは気分が悪いので一緒に女性の方と手伝いました。家でオナニーするだけでは一生味わえなかったであろうドキドキ感と勢いの良い射精を体験できた、というのがとにかく体験談として私が語りたい部分です。

相手の女性の容姿はそこまで優れていませんでしたが、不快になりは特にしなかったので特に問題はなかったかなと思います。

風俗で稼いでる女の子を素顔を知った

これは体験談として書くべきかどうか躊躇いましたが、実はこの体験談は続きがあります。相手をしてくれた女性は帰る時に私に対して「実はこの仕事辞めるんです。最初に決めてた目標金額を貯金できたのです。」「風俗なんて印象が悪いけど、大金を稼げるんです。」と囁きました。

風俗の世界というのはやはり実力主義であり、指名が取れない女性は普通にアルバイトするにも劣る金額しか稼げないようです。しかし、この女性は、月収が100万円を超えているようです。

風俗を始めたのは、経済面でも生活面でもとにかく家族を支える為だと、私に語ってくれました。おかげで私も良い体験談、リアルな体験談を書くための話題を得ることが出来ました。

これは体験談というよりは私の意見になるのですが、風俗嬢というのには一般社会で働くデメリットがメリットを上回った場合になるものであって、私の相手をしてくれた女性に関しても一般社会に適応できなかった部分があるのだと思います。客に自分の身の上のようなことをベラベラと話すことからも、その女性はあまり社会性があるとは思えませんでしたが、個人的には胸の奥底で応援したい女性として感じました。

最後にその女性からはメールアドレスの交換を求められましたが、実家暮らしであり風俗に行ったことが家族にばれると面倒だということで泣く泣く断りました。その道の女性と客とが過度に親密になるということはいかがなものかとも思い、そういう意味でも私はメールアドレスの交換を拒否しました。

あれ以来私は風俗に入っていません。その時は私は25歳でしたが、大人の階段を上ったようには感じませんでした。寧ろ子供同士のやり取りのように感じ、ちょっと悲しい雰囲気になりました。もしこれから専門店に行くとしたら、暗いところや内向きなところの無い、ひたすら淫乱で頭の軽い女性に相手をしてもらいたいです。そして売れっ子で稼ぎのある風俗嬢が良いかな?

その方が元気を貰えるのかなと思います。

稼げる風俗の「性感エステ」に客として行った体験談

私は都内で風俗ボーイをしている者です。

オーナーの意向で、風俗でも人気がある&稼げる「性感エステ」というのを体験してみました。なんでも、稼げると噂を聞いて系列店に性感エステを立ち上げるようです。

都内での映画の帰りに一杯ひっかけて、久しぶりに風俗街をブラブラ、一軒のお店に回春エステという、一風変わった風俗店があったので覗いてみた。可愛らしい娘のような女の子だ受付で、今は此方の方が空いておりますといって案内してくれる。 今はこちらは満室なのでお隣のホテルになりますけど、「ああ、いいよ」と返事をして、間もなく一見美人タイプの女性が現れ、デりヘリのような感じであるが目的の地へ向かった。

稼げてないお店に行っても仕方ないので、売上のある人気のエステに行ってきました。稼いでる女の子のお店に行かなければ空気がわからないので、ちゃんと流行っているお店に行ってきました。

なるほど…こりゃあ性感エステが流行る訳だ

早速、女性は上着を脱いで透き通るようなスリップ一枚になった。

小生は当然ながら素っ裸である。ベットへお互いが横になると、全身マッサージが始まった。そんなに上手とは言い難いが、優しく丁寧なのがいい。始めはうつ伏せで全身を指圧のようにおこない、女の柔らかな指先が何ともいい気持なのである。次に、仰向けになると恥ずかしい部分も正気を取り戻し、勝手にムクムク動きはじまる。女は承知で「遠慮しなくていいのよ」と言って、優しく撫でてくれる。

女の指が上半身から、本格的に下半身へ、そして愈々性感部分の手コキに入る。

「お兄さんののお好みはどんなの」

といって、あれこれ仕草をしてくれる。

「もっと我慢できそう・・?」

ここまでくると懸命に堪える。

「エッチしたいなあ」
「それはだめよ」

といわれながらも、体をあずけて軽くキスをしながら頬よ寄せてくれる。

「そろそろ行きましょうか」
「うん、いいよ」

というと、急に動きが激しくなって、そして体に熱いものが走ったかと思ったら、息子から一気にほとばしった。「あーら、さっぱりしたようね」と言って、全身を抱き寄せてくれた。

抜きより癒しを求めている女の子が多い印象です。

なるほど…こりゃあ性感エステが流行る訳だ

ところで、此方の風俗というのは本来は男性の能動的な面があって、相手の女性に対してもハードな行為を要求するものですが、これらの性感エステのようなサービスというのは男性が受身になって快楽を味わえるという、全く新しい快楽を追求した風俗なのです。

従って、風俗の男性性感エステは、これまでの過激なサービスに走っていた風俗に飽きた人や男性機能の回復を目的とした方、普通のマッサージを受けながら、尚且つ、性的サービスも併せて受けたいという方などに人気があるようなのです。

この人気のおかげで、都内に性感エステのお店が乱立しているのでしょう。

風俗の回春エステは、男性もそうですが女性にも優しい

さて、最近は一般的な「エステ」というのが盛んなようで、特に女性の美容や健康のためのエステが盛んなようでが、しかし、男性も同様に疲れを癒やす「健康エステ」というのもありますが、更に男性の場合は性的快感を伴ったエステというのもあって、此れは女性にはない独特のもので、名前を「性感エステ」とか、回春エステとも称していますね。

特に、現在の風俗は、男性が望むのはどちらかと言えば過激なことよりも、「癒し系」のほうがもてているようで、業界としても一番重要なサービスと心得ているようです。

ところで、風俗においてヘルスとエステとは何が異るので、男性相手の風俗エステとは回春マッサージともいい、ヘルスやソープとはチョット異なっていて、男性が本来持っている生理的現象を、快楽をもって味わってもらうという事を中心として考えられております。

その中でも、性感エステ(回春エステとも言うらしい)とは、所謂、単なるマッサージ業とはチョット異なるようで、一般的な美容やリラクゼーションのためのエステとは異なります。

回春エステの仕事内容をまとめると…

此のエステは主に男性用の性的な意味や処理法を言うのであって、風俗に属します。
風俗的な呼ぶ名はメンズエステとも呼ばれていて、男性の全身マッサージから男性器のマッサージをも含むことになります。

風俗街では、性感エステ、又は、男性の回春エステとして、通常は指定されたホテルなどに行ってサービスを施しますが、店舗型も多く存在していますし、他の風俗と比べて比較的に安価で遊べることから人気を要しているようです。

一般的なサービスの内容としては、女性によるサービスやプレイはマッサージオイルやパウダーなどを使用して男性客の全身をマッサージしたり、主な目的は性器にマッサージを施して、最終的には所謂、手によるマッサアージ(手コキともいう)をして性的興奮を味あわせて射精させることが目的になります。
所謂、男性器のマッサージを行うことで、風俗業としての意味を成しているようです。

つまり、繁華街や盛り場で一般的に目にするエステで、ヌキありと称するものは此の部類に入り、また、多く見受けられるのが韓国エステやタイ式エステ、それに台湾エステなどは、ヌキ有りとしているものは、性感エステの風俗店になります。

稼いでる熟女デリヘルの女性に相手して貰った体験談

その土地の風俗ってドキドキするね。

久しぶりの何にも予定が入ってない休日、こんな日は普段できないことをしようと、車に乗り込みちょっと遠方までドライブを敢行。当てのないドライブって時間に追われるわけでもなくペースを気にするわけもなく、何とも言えない開放感があります。

そしてある街の郊外の田舎道を走っている時、なんと無数のラブホテル群を発見するのです。へぇーこの辺てラブホ密集地帯なんだ、と妙に関心を持ってしまいなぜかムラムラ。豪華なホテルもあればさびれているホテルもあって、何とも言えない光景なんですよね。そこで私は思い立ちました「風俗に行こうと」。開放感のある心にはエロスがモロ響くものです。

熟女のデリヘル嬢に相手して貰った

ラブホテルから風俗と言えば、そうデリヘルです。スマホでググるとご当地のデリヘル店が一気に検索可能に。若い子も良いけどやっぱり熟女の色気が今の気分、そこからいかにもエロそうな熟女のデリヘル嬢に予約を入れ、ラブホテルへチェックインです。

そこのラブホテルは和風な趣のあるところで部屋は和室、トイレや風呂は洋風でしたが至る所に和の仕掛けが施されています。プレイの場となるのはベッドではなく布団、これまた趣いっぱいではありませんか。指名した熟女嬢は即尺プレイなどをウリにしている淫乱系、そのためまずは到着までの時間を有効活用することにします。

トイレを済ませたり、お風呂に使って身を清めておく、かれこれ20分程度の行動です。とはいってもやっぱり、到着時間までは結構ある、接客中の嬢を指名したのがまずかったのかなと後悔が芽生えますが、いまさらキャンセルなんてさすがに怖くてできない。大人しくAVでも見ながら、妄想を練り上げておくことにしました。すると忘れかけていたころに、部屋の扉が「コンッ、コンッ」とノックされるのでした。チェックインして約1時間半後の出来事です。

熟女なのに稼いでる風俗嬢のテクニックってどんな感じ?

40代前半だったはずなのに、実際のところは50手前くらいかな。

じゃあ50手前にしておけばいいのにと少しガッカリ。顔も悪くないしスタイルも熟女のムッチリ感が出ており私好みなのに、もったいないね。でもねその熟女は「じゃあ挨拶代わりに」と言ってパックリ。玄関先で咥えて来るんですよ。出会って1分も経たない早業に思いがけずビンビンに。「あんっ、すっごい硬いよ」なんてハァハァしながらジュポジュポ、熟女のエロさが本領発揮です。イカせる気マンマンの本気のフェラ、しかしデリヘルではお店への連絡をしなければなりません。これズルいですよね。即尺されると興奮状態になるので、ついロングコースを選択しちゃう。してやったり(の顔)で「ありがとうございます」を頂きました。

「気になるプレイは大ハッスル」

後は二人の時間を楽しむだけ、私はもうね元を取ろうと必死に猛チャージ。そのまま熟女をベッドに押し倒しました。まるで抵抗しない熟女「アッ、ンンッ」なんて私のまさぐりを受け入れ態勢になっています。

股間に手を当ててみると、驚くほど熱を帯びており若干の湿り気も。さらに強くグイッと押し込むように指を動かした結果、ジワーッと指先に伝わってくるわけですよ。「濡れてるね」と言うと「イヤ、感じやすいの」そしてまさかの発言が。「イ・レ・テ」「ホントにいいの」「うん」。「じゃあゴムはどこ」「そんなのイイのキテ」と自らパンティを取り払ってカニばさみのようにガッツリとらわれてしまいました。熟女のマンコはフリーパスのようにスルリと挿入可能、若干のガバガバを感じつつもまさかの生エッチに夢中で腰を振ってしまいました。結果、時間いっぱいまで計3発を注入、ふと利用した風俗で思いがけないスッキリを感じることができて良かったです。

風俗は若い女の子しか稼げないと思ってたけど、熟女は熟女で稼げるんだな~と痛感しました。

ボーナスが出たので稼いでる風俗嬢のお手並みを拝見しにいった話

待ちに待ったボーナス支給日の夜の体験談です。

仕事が終わって、先輩と同僚を含めた4人で風俗に行った。

先輩はボーナスが3桁越えで、宵越しの金は持たないという豪気な性格。その日の費用は全て奢りというヒーローっぷり。自分たちは、ただ付いて行くしかありませんでした。色々な体験談を聞いていたので想像は膨らみます。

キャバクラへ行った後に風俗へ…

キャバクラの体験談も聞いていましたが、店の常連であったらしく、ボトルキープもしてありました。あまり飲まないウィスキーを濃い目に飲んで、テンション上げ上げになる。常連の先輩とは違い、女性の入れ替わりが頻繁にありました。

先輩が親しく話してるのを見ると、お気に入りの女性がいる店なんだなと思います。このキャバクラに来る前にスマホをずっといじっていたので、連絡があったのでしょう。ボーナスの日を把握しているキャバ嬢、恐るべしです。

そして、上がったテンションのまま、お触りありの2件目へ。

俗に言うセクキャバという風俗で、生でおっぱいを揉んでもよい風俗店。アナウンスと同時に音楽が流れ、遠慮なく揉んでやりました。しかし、相手の女性は物足りないのか優しいねといいながら下半身へと手が伸びてきました。

先輩や同僚をみると、そんな体験談は聞いたことなかったみたいで気に入られたようです。お返しに他の人には見えないように、下半身へと手を動かすと流石に生ではなかったですが、下着の上からでもしっとりしていて熱気が伝わってきました。

後で聞くと、風俗店では生のおっぱいのお触りだけだったそうで羨ましがられました。先輩にはお金の元取ったな、奢りがいがあると満面の笑顔で言われました。軽く唇にキスをしたことは、みんなには内緒にしておきました。

3軒目は抜きの店へ!稼いでる風俗嬢のお手並みを拝見

先の風俗店での興奮冷めやらぬまま、そこでは楽しくお話をしました。すると若いのに優しくてお父さんみたい。なんて言われてしまいました。風俗でお父さんなんて言われた体験談は聞いたことがないのですが。

先ほどとは違い、男性とは見ていないのか、キスするよう挑発しているのかは分かりません。時間も限られている為、言葉を切ってキスをお願いしてみるとあっさりしてくれました。

もちろん、軽いキスでは物足りなくなってきているので、ディープなキスまで。触っていいものか分からなかったので、いっぱいを触らずにいました。そしたら、女性の方から手を握って自身のおっぱいまで誘導してくれました。また優しいねと言われて、おっぱいに触れた手をきゅっとしてあげました。

吐息が漏れて、少し強めにキスをして時間切れ。名前も聞くのを忘れるほど夢中になりました。

抜いてくれる風俗へと向かいました。

目的の風俗店に到着すると、先輩が全て段取りしてくれました。体験談を聞くと凄い気持ちいいから直ぐいくなよと事前に言われました。そんなの気持ち良すぎたらコントロールなんて出来るわけがありません。

やはり、稼いでる風俗嬢はテクニックが違います!

手と口をマジシャンのように駆使して攻められました。

酒と先の経験で、もう随分前に限界だったのでしょう。瞬殺といっていいほど早かったです。

そんなことは気にしてないのか、瞬殺の自信があったのか、特に気にする様子もなく終わりました。思わず腰を動かしてしまって、うっとなった瞬間の顔が凄く可愛い女性でした。無害そうに見えて、Sの素質があることを発見できました。相手の女性はMっぽかったので、相性が最高だったようです。

男のフルコースを、最高の風俗嬢でしめれて良かった。

稼ぎのある風俗嬢をセフレにしています

私にはSM風俗で出会った中出していつでもOKの変態セフレがいます。

そうなったのには私のエッチなこと大好きな性格とエッチなことは何でもしたいという興味にあると思います。私はそれがいつでもできるのです。私がそんな女性をゲットした体験談をお話しします。

私は自分で言うのも何ですが、相当の変態だと思います。あらゆるエッチなことを経験してきたし、エッチなお店にも行ってきました。友人のエッチな体験談を聞けば自分もしたくなるし、それを体験談だけではなく風俗でひたすら実施していました。

私は女の子の嫌がることをどんどんしたいという性癖が有ります。具体的に言えば「淫語プレイ」が大好きです。普段は恥ずかしくて言えないようなことを女の子にどんどん言わせたい願望が強いです。彼女とのエッチ、友人とのエッチでも挿入と同じぐらい淫語プレイが興奮します。「淫語プレイをもっとしたい」という欲求が強いことから、それを望む女性を求めて週に最低2回はSM風俗に通っています。

SM風俗には男の想像以上の変態女がそろっていることから思う存分隠語プレイを楽しむことができました。私の場合はエッチな言葉を自分から堂々と言ってしまう女の子にはかえって萎えてしまうのですが、少し恥ずかしがりながらも徐々にエッチを解放していくM女との隠語プレイの方が興奮します。

そして、SM風俗を利用し1ヶ月ぐらいたったころ「さき」という女性とプレイをしたときに性格や思考が100%マッチしていることがわかりました。私の「おま○こどうなってる?」「おち○ち○をどうしてほしい?」というエッチな問いかけにも恥ずかしがりながら小声で答え「え?」と聞き返すとはにかみながら答えるような仕草、そして隠語プレイが激しくなるにつれて自分のエッチもどんどん解放してくるような性格がたまらなく最高でした。しかし、私の体験談はそれだけでは終わりません。

話を聞くと、SM風俗を始めたのは、稼げるからではなくエッチが好きだからという。ちなみに、この子は貯金が1,000万円を超えているそうだ。

風俗でプレイを楽しんだ後に後日実際に会い、ホテルでプレイを楽しんだ体験談なのです。

この風俗嬢は、なんでも僕の言いなりになっています

私は風俗でさきちゃんとプレイを楽しんだ後に「さきちゃん最高だよ。よければこれからも会わない?いつでももっと気持ちよくしてあげるよ」と言うと彼女は少しとまどいながらも「はい」と言いました。そして私たちは連絡先を交換しました。

ここからが実際にお店以外で風俗嬢と会ってプレイをした体験談になります。そ当日ファミレスで軽く腹ごしらえをした後、ラブホテルに直行しました。「せっかくだから」と一緒にシャワーを浴び、早速プレイを開始しました。

キスから徐々に激しくなっていったのですが、ここでも私は遠慮のない淫語プレイで攻めていきました。勃起したアソコを握らせ「これをどうしたい?」と言ってフェラをさせたり私の淫語プレイで興奮した彼女に「なんでこんなにビショビショなの?」とおま○こを自ら広げさせたりしました。稼いでる風俗嬢も、私の手にかかればただのM女です。

そしてその後は淫語プレイでお互いの興奮したアソコを生で合体させ激しく動きました。最後は「出すよ?中に出すよ?」と言い大量の精液を出しました。笑顔で「中出ししてくれてありがとう」と言わせて私はまた勃起しました。

SMテレクラで出会ったさきちゃんとはLINEを交換して個人的な淫語プレイをひたすら繰り返して楽しんでいます。もちろん、電話での隠語プレイに収まらず、実際な会って淫語プレイと中出しエッチを何度も繰り返しています。

まさかSM風俗で私の淫語プレイ好きの欲望を満たしてくれるこんなにも変態セフレに出会えるとは思ってませんでした。SM風俗はただ刺激的なプレイをするだけではありません。その場での興奮を共有し、気持ち良さをお互い感じあい、実際に出会ってプレイができるきっかけがつまった場所です。

私はSM風俗で自分自身の価値観が一気に変わりました。そう言った意味でSM風俗はオススメです。私の体験談でSM風俗の楽しさを感じ、体験談だけではなく実際に利用してもらい、新しい視点での快楽を求めてもらえたらと思います。

きっと私がこれまで語ってきた体験談が納得できると思います。

私自身、より刺激的な体験談を得るためにこれからも風俗に通い続けます。その為にも、僕自身が稼がなければなりませんね。